≪大久野島での楽しみ方≫⑤ 変顔をしているうさぎさんを見つけよう 前編

毎日不安な情報があふれ、心を乱されたり穏やかな毎日を過ごせない・・・そんな日々を過ごしてしまいがちではないでしょうか。

私たちも「毎日笑顔を忘れず」と思いながら過ごしていますが、笑顔になれるものを探すことにも疲れてしまうこともありますよね。

そこでコラムを書かせて頂くにあたり、何か大久野島のうさぎさんのことで明るくなれるようなことがないかと考えたutaです。

「そうだ!うさぎさんってふとした瞬間に変顔するよねー」って想像したらじわじわと面白くなってきたので、そんなことを書かせて頂くことに決めました。

少しでもクスっと出来たら、また楽しく過ごせそうな気がするのは我が家だけでしょうか。

よろしければ、可愛いうさぎさんの「変顔」をご覧くださいませ。

 

うさぎさんの変顔をする瞬間って、色々ありますよね。今回は4パターンの変顔をお届けします♪

びゅんびゅん走る仔うたちゃん♪

私たちは「仔うた走り」(欽ちゃん走りみたい)と呼んでいるのですが、仔うさぎちゃんってびゅんびゅんとんでもない速さで走りますよね。

ご機嫌だとなおさら。

実はそんな時の様子を写真に収めると・・・必死なお顔が可愛すぎる「変顔」になっているんですよ☆


ふんっ

お鼻の穴が広がった必死なお顔♪

さらに必死な顔ですね^^お目目も「んーー」ってなっています。

ふりふりっ

びゅんびゅん走りでも、個性が出ますよね。

お顔をふるふるっしながら、びゅんびゅん走り回ってジャンプしてみたり。

大久野島の仔うたちゃんの走り方をご存知の方は、この写真を撮るのは結構難しいのでは?というのは、お気づきかもしれません。

ということは・・・この時のこちら側「撮影者」も必死に撮影しているので変顔をしているかもしれませんね^^

その様子は、いつかお見せ出来たらと思います(笑)

くしゅんっっ

大久野島のうさぎさん(に限らずおうちのうさぎさんもだと思いますが)は、特にお鼻が悪いわけではなくても「くしゅんっ」とすることがあります。

その瞬間のお顔や仕草が写真に収まると、とっても可愛い変顔になるんです。

およよ

「変顔って何かしらーー」

くちゅん

「こっちは必死なんですから」

もっと面白いお顔もあったのですが・・・

この子の威厳のためにも「ソフト変顔」を選んでみました。

かいかい

タイトル通り、あんよでお顔を「かいかい」っとしている時のお顔です。

にひーーーー

お口をにひーーーーっとゆがめたお顔が、なんとも言えません♪大好きなお顔です☆

上手にお口の辺りをかいかいっとしてて可愛いですね。

ティモテ&くしくし

お待たせしました!きっと、この仕草が大好きな方が多いのではないでしょうか♪

うさぎさん大好きな方にはおなじみの「ティモテ」(お耳をごしごしする仕草)です。

一見可愛い「だけ」に感じるティモテですが、時に面白すぎる表情が撮れることがあります。

「おにぎりおにぎりちょいとつめて」

「にぎ」と名前を付けているこのうさぎさんは、ぐるっと海苔巻きになっているようなお顔をしています。

そのためお顔がきちんとまっすぐ向いているのか・・・

それともティモテでお耳を挟んでいるのか・・・

何が何だか分からないことになっていました(笑)

向かって左に頭を傾けているのが正解です。

今、この写真を見ていても面白可愛いすぎて、頬がにやけてピクピクしております。。。

ていっ

必死にお耳をつかもうとして、チロ目になっていますね♪

「頑張れー」

大人気のモルカ―みたいなお口になっているこの子は、くしくししている途中です。

くしくししている時も、可愛いだけだと思いがちですが・・・実は色んな表情を見せてくれますよね。

なので、ついついたくさん撮影していまいます。

変顔選手権続きます

もう少し可愛い変顔をお届けしたいのですが、長くなってしまいますのでまた次の機会にご紹介いたします。

可愛いうさぎさんの変顔を見て、少しでもクスっと笑って頂けたら私たちも嬉しいです。

 

 

【大久野島の楽しみ方シリーズ 目次】

≪大久野島での楽しみ方≫①じっと見つめる

≪大久野島での楽しみ方≫②早起きのススメ

≪大久野島での楽しみ方≫③季節を感じる 春のお花編

≪大久野島での楽しみ方≫④ お気に入りのうさぎさんを見つける

うさぎ写真家uta

28,538 views

うたお(中村隆之)と、うたこ(中村麿矢)二人でうさぎ写真家utaとして活動しています。 2000年より大久野島のうさぎさんの写真を撮り続けています。 20年...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧