大久野島の秋の味覚

え・・・秋の味覚のご紹介を今頃?!

冬に突入した今、いまさら?と私たちも思いますが、秋の美味しい食べ物を食べているかわいいうさぎさんをご紹介したいなあと思いましたので、お付き合い頂ければ幸いです。

いつもお伝えしています通り、大久野島のうさぎさんたちの自然のままの姿を見るのが大好きな私たちですが、中でも「季節の食べ物」を上手に探して食べているうさぎさんを見つけると、ついつい「美味しいのがあったね~」とか「うまうまだね~」とか話しかけてしまいます。

きっと、知らない方からは「うさぎさんに普通に話しかけてる、ちょっと変わった人」と思われているかも?ですね。

今回は、そんな大久野島の「秋の味覚」をちょっとだけお伝えしたいと思います。

秋といえばやっぱり柿ですよね

秋の果物と言えば・・・柿を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

実は、大久野島も探しながら歩いていると、数本の柿の木を見つけることが出来ます。

そして秋になるとたわわに実り、オレンジ色に染まった木が現れます。

その木の近くに暮らしているうさぎさんたちも、もちろん大好きで、落ちている実を見つけると嬉しそうに食べ始めるんですよ。

熟した柿を食べて、お口のまわりをびっちゃびちゃにしている姿も、それをペロペロと一生懸命きれいにしている姿も、目を細めて食べている姿も、本当に本当に可愛いです。

おうちのうさぎさんたちは、柿を食べるという習慣はほとんどないように思いますが、自然の中で暮らすうさぎさんたちにとっては、旬のごちそうなんですよね。

うまうま

きちんと種を残す子もいれば、種までがりがりと食べてしまう子もいます。

そういう場面でも、個性を探すのが楽しかったりします♪

そして・・・うさぎさんではありませんが・・・うさぎさんの天敵でもあるカラスも柿は大好きなようで、よく持って行っている姿をみかけるんですよ。

みんな、秋の味覚を楽しんでいるようです。

イガイガだってへっちゃらだよ

イガイガ・・・イガイガ・・・?

そうです!秋の味覚の代表で、人間も大好きな人が多い「栗」も、大久野島には結構あるんです。

栗のは、超期間限定のごちそうなので、外側の皮の部分のイガがたくさん落ちていても、中身はほとんど残っていません。

↑食べかけの栗

実を上手に食べているのが分かりますか??

そして・・・じつは、あのふわふわなお手手とお口なのに、イガイガを上手にひらいて食べることも出来るのです!

この様子を見た時、本当にびっくりして感動したことを今でも思い出します。

「痛い痛い!痛いよ!!」って言いながら、見守っておりました。

「痛くありませんけどー」

なんと逞しいことでしょう^^

栗をget出来て、とっても嬉しそうな表情をしていますよね。

そしてこの栗、葉っぱもうさぎさんたちの大好物なんですよ。

余談ですが・・・uta農園の恵みを買ってくださったうさぎさんたちはご存知のとおり、uta家の畑にある栗の木の葉っぱも、たくさんのうさぎさん(おうちの)に食べてもらっています。

美味しい葉っぱが落ちてくる

自然がたくさんの大久野島・・・

木々もたくさんあるのですが秋になると、落葉樹の葉っぱは次々と降ってきてくれます。

はむはむ

そしてこんな風に落ち葉を食べる姿を見かけると、思わず写真を撮ってしまいます。

とっても可愛いと思いませんか♪♪

落ち葉には、たくさんの栄養が含まれているから、お腹の調子も良くなりそうだな~って思うんですよ。

この落ち葉、うさぎさんによって好みが違ったり、誰でも好きな葉っぱがあったりします。

また、そのことについては・・・改めてお伝え出来ればと思っています。

きっと他にも・・・

ここまで、私たちの思いつく「大久野島の秋の味覚」をお伝えしましたが、もしかしたら他にも秋にしか食べていない何かがあるかもしれません。

私たちもまだまだ、知らないことがたくさんなので、今後もどんどんうさぎさんたちに教えてもらいたいと思います。

皆様も、もしも大久野島に行かれたら、どんなものを食べているのかな~とそっとうさぎさんを観察してみてくださいね。

いつか機会があれば、皆様からも教えてもらえたら嬉しいです。

うさぎ写真家uta

27,056 views

うたお(中村隆之)と、うたこ(中村麿矢)二人でうさぎ写真家utaとして活動しています。 2000年より大久野島のうさぎさんの写真を撮り続けています。 20年...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧