オーツヘイの与え方や混ぜあわせ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

_MG_5817

ご相談内容

いつもお世話になります!
最近見直されてきたのか?他社も含め 「オーツヘイ」を取り扱うお店が増えてきました。
以前からある穂の部分は炭水化物が多めで肥満気味の子には向かないから与えない説明から→(最近は)穂が育ちきる前に若刈りされたオーツヘイであれば 穂を取り除く必要もなく チモシーと同じようにメイン牧草として与えられるとどこかで読みました。※またカルシウムはチモシーより少なく 若干炭水化物が多めとはいえ、不溶性の繊維質がチモシーより豊富でいいこと尽くしなのに… お店やメーカーによって考え方がバラバラなのはどうしてなんですかね?

流通量が増えればそれだけ 良質なオーツヘイが買えるようになって欲しいです。
ココロのおうちがオススメする 与え方や混ぜ合わせ方がありますか?

うさぎさんデータ

ココ姫ちゃん 3 歳
女の子 未避妊  体重1.9 kg
ミニウサギ

千葉県 こしちゃんさまからご相談頂きました

お返事

オーツヘイについてですが、こしちゃんさまのおっしゃる通り、繊維質が高く嗜好性も高い事から、常時あげていただく牧草として、食事のレパートリーの中に加えて頂くのもおすすめです。 (ココロのおうちの子達はチモシーとオーツヘイを2:1くらいの割合で食べています)

>お店やメーカーによって考え方がバラバラなのはどうしてなんですかね?
一昔前はうさぎさんに食べさせる牧草=チモシーが主流で、他の牧草は補助的なイメージがありました。 おそらく、オーツヘイをうさぎさんに常時あげていらっしゃるショップさんやブリーダーさんはまだまだ少ないのではないでしょうか。

**************************************************************
※kokoro’ NewsNo.78 2014年4月号より抜粋
【チモシーだけが牧草じゃないよ】
チモシーは牛さんや馬さんもいっぱい食べる事から、品質と流通が安定しており、比較的安価で安定供給が見込める事からうさぎさんの主食として根強い人気となりました。
もちろん、チモシーはうさぎさんにとってとても良い食事となりますが、牧草=チモシーとこだわりすぎず、色々な牧草をあげてみましょう!色々な牧草を食べる事でたくさん繊維が摂れるとより良いと思います^^
また、チモシーも「絶対1番刈り」と強いこだわりは捨て、よりたくさん食べてくれる様、細いの茎が入った2番刈りなども試してみましょう。 **************************************************************

※野草や落ち葉なども食事に取り入れられる事もおすすめしております。

>流通量が増えればそれだけ 良質なオーツヘイが買えるようになって欲しいです
今でこそ、チモシーがNO1となっておりますが、一昔前オーツヘイの流通量はチモシーよりも多かったのです^^ 品質そのものは、流通量よりもその年の天候に左右されます。
また、グレードにより(スーパープレミアム等)品質はかなり異なります。
うさぎさん用に販売されている物のほとんどはスーパープレミアムグレードだと思います。

オーツヘイ

穂の部分ですが、おやつや補助食品として販売されている実だけのものよりも、若刈りで殻に覆われている穂の部分は、未成熟の為低カロリーではありますが、食べると食べないととでは栄養価は変わってきます。
普段の食生活の中で、余分なカロリー摂取を控えるように食事アドバイスを受けているうさぎさんには、やはり実の部分は取り除いて頂く方が良いかと思います。

最後になりましたが、おすすめのあげ方ですが、うちの子達は1番刈りに混ぜてあげていますが、よくケージのトレーに落ちています(笑)
オーツヘイはどうしても細かい部分が多いので、牧草入れではなく大きめの器に入れてあげると細かい所まで綺麗に食べてくれます。

_MG_5824

チモシーは牧草入れ、オーツヘイは大きめの器やこぼれにくい牧草入れと2分割してあげるのもひとつです。
また、ペレットを一気食いしてしまう子などは空になったペレット入れにおやつ代わりにいれてあげると喜びます。

 

うさぎの相談室

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る